モバワク 0345008519 / 03-4500-8519 アンカーソン株式会社は詐欺会社なのか!?

儲かる副業紹介ブログ

未分類

今流行りの個人輸入ビジネスの攻略

投稿日:

個人輸入ビジネスが副業としてサラリーマンや主婦で人気を呼んでいます。
個人輸入ビジネスとは何か?そして攻略をご紹介致します。

まず、個人輸入ビジネスというのは海外から商品を輸入して販売するビジネスのことを指します。
中には個人輸入ビジネスで生計を立てている人や副業から本業に乗り換えた人もいます。

輸入というのは大きく分けて2つに分けることができます。
個人で使用する為に輸入することを個人輸入といい、販売目的で輸入することを商業輸入といいます。
すなわち、個人で販売する為に輸入する訳なので、個人輸入ビジネスは商業輸入になります。

個人輸入と商業輸入は何が違うのか?ということですが、関税・消費税・地方消費税の決め方が異なります。
関税を決める際に基準となる価格を課税価格といいます。
個人輸入は商品代金に6掛けした価格が課税価格になり、商業輸入は商品代金・国際送料・保険料等を合わせた価格が課税価格になります。
その為、個人輸入のほうが課税価格が安くなるということが分かります。
課税価格と商品の素材や形状等をもとに関税が決まります。
そして、課税価格と関税を合わせた価格から消費税や地方消費税を算出することができます。
個人輸入ビジネスの場合は商業輸入になるので6掛けは通用しません。

課税価格が20万円を超えない場合は賦課課税方式といい、関税・消費税・地方消費税は税関で確定されます。
一方、課税価格が20万円を超える場合は申告納税方式といい、関税・消費税・地方消費税を輸入者本人若しくは通関士に委託して算出し、税関で輸入申告する必要があります。
一般的には通関業者や日本郵便に委託することが殆どです。
また、個人輸入や商業輸入いずれも課税価格が1万円以下になる場合は免税になります。

個人輸入ビジネスで必要なのは輸入知識以外にも商品が必要です。
まずは取り扱いたい商品を決める必要があります。
国内で出回っている物より、国内で出回っていない物を取り扱うと良いでしょう。
他者が取り扱いしている物を輸入販売しても価格競争になってしまい、満足に利幅が確保できない場合があります。
その為、出来る限り価格競争を避けれる商品を選定するのがベストです。

取り扱いたい商品を決めた後、どこから仕入れるかを決める必要があります。
海外の通販サイトから商品を仕入れるのが一般的です。
仕入先を決めた後は日本向けに発送できるかどうかを確認しましょう。
日本向けに発送できないショップもあるので予め確認しておく必要があります。
また、日本向けに発送できても日本国内に輸入できない物があったり、輸入時に販売業許可や検査が必要な物もあるので注意する必要があります。
個人であっても販売目的で輸入する場合は、必要に応じて販売業許可を取得したり、検査や手続きを実施しなければなりません。

日本向けに発送できることを確認した後は支払方法を確立させる必要があります。
PayPalやクレジットカードで支払うのが一般的です。
銀行送金の場合は手数料が高い為、手数料を安くしたい場合はPayPalやクレジットカードを利用しましょう。
この時、仕入先のショップにPayPalやクレジットカードの支払いが受け付けできるかどうか確認しておく必要があります。
注文できても支払いができなかれば商品は発送してくれません。
分からないことはショップのサイトにあるお問い合わせフォームを利用したり、メールで問い合わせることが重要です。

支払方法を確立させた後は実際に注文しましょう。
この時、商品代金以外に国際送料が発生します。
場合によっては保険料や手数料が発生することもあるので、注文前に確認しておくことが重要です。

支払いを終えた後、ショップから商品が発送されます。
発送された際に追跡番号がメールで送られて来ることが殆どです。
万が一、送られて来ない場合はショップに必ず確認する必要があります。
配送途中で紛失する可能性があるので、現在位置を分かるようにしておくことが重要です。

商品は1カ月程度で届くことが殆どです。
EMS(速達便)の場合は2週間程度ですが、国によっては1カ月程度掛かることもあります。
船便の場合は航空便より届くのが遅くなります。
どんな方法で発送するのかも納期と一緒に予め確認しておくと良いです。

日本に商品が届くと税関で検査されます。
課税価格が20万円を超えない場合は税関で検査された後、自宅に商品が届きます。
この時、配達員から関税・消費税・地方消費税及び通関手数料が請求されるので支払いしましょう。
支払わない場合は輸入できなくなるので注意する必要があります。
万が一、明らかに課税価格が1万円を超えているのに、税金が掛からなかった場合は税関に相談する必要があります。
課税価格が20万円を超える場合は輸入者本人若しくは通関士に委託し、輸入申告した上で輸入する必要があります。
自ら税額等を決めるのは難しい為、この場合は通関業者に委託するか、日本郵便に通関委託したほうが良いです。
委託する場合は手数料が発生しますが、ミス無く正確に輸入するとなれば手数料を支払ってでも委託したほうが良いです。

輸入した商品をどこで販売するのか?ということですが、
自分で販売サイトを立ち上げるか、フリマサイトやヤフオクで販売するのが一般的です。
販売サイトも無料で作れるので、大々的に販売したい場合はサイトを立ち上げると良いです。
また、商品を販売する以上は特定商取引法を守らなければなりませんので、住所や氏名等を公開したくない場合はフリマサイトやヤフオクを有効活用すると良いです。
フリマサイトやヤフオクは販売手数料や出品手数料が掛かることが殆どですが、匿名出品・匿名発送することができるので個人情報を守ることができます。

そして、ただ販売するだけでは売上は伸びず、集客が必要になります。
SNSや動画を利用して商品PRすることが大事です。
何より商品の良さを知ってもらうことが重要です。
問い合わせや質問にも早めに対応しましょう。
対応せずにいると「注文しても商品の発送が遅いのでは?」と悪い印象を与えてしまう可能性があります。
販売以外にも集客やサービスに心掛ける必要があります。

最初は売れなくても継続していくことで売れるようになることが殆どです。
一向に売れない場合は販売方法や商品ページの内容を工夫するといった努力が必要です。
慣れていくと面白いビジネスになるので挑戦する価値は十分にあります。

-未分類

Copyright© 儲かる副業紹介ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.